あじさい~訪問介護・障がい者総合支援・同行援護従業者養成研修~

事業者番号 1200020690 1210200372 サービス地域は習志野、船橋、八千代、千葉市花見川区
 047-409-6617
お問い合わせ

インフォメーション

2018 / 07 / 20  08:00

日本盲人会連合が各省庁へ陳情

日本盲人会連合の全国大会が先日都内で行われましたが、その際に採択された改善案件が各省庁に陳情されました。
同行援護で制度上できない(算定不可)ことなどが解りますので、同行援護に携わる方であれば「必見」です。
http://nichimou.org/notice/180713-jimu/

926630.jpg

2018 / 07 / 17  08:45

越谷での研修、進行中です!

先週から開催されている、あじさい初の埼玉県(越谷)での同行援護従業者養成研修(一般課程)。

その二日目(7月15日)の様子を、ダイジェストでご紹介します!

 

IMG_4734.JPG

☝会場の前で元気に「グリコのポーズ」(^^;)を取る澤瀨社長の図。

(実は習志野から早朝移動でお疲れですが、カラ元気!?)

 

DSC_0066_R.JPG

☝会場内には受講生が触れるように東京ディズニーリゾートの触知図や視覚障がい者が使う用具のカタログ等を展示。

 

DSC_0065_R.JPG

☝将棋、オセロ、トランプ、卓球(サウンドテーブルテニス)用具も視覚障がい者様に工夫がされています。

二人用の折り畳み傘も展示。

 

DSC_0068_R.JPG

☝まずは先週の復習から。隣席の受講生とコミュニケーションを取りながら、知識の確認をしています(^^)

 

DSC_0074_R.JPG

☝これは代筆の演習の様子。宅配伝票や公的機関の申請書類のコピーを使って、より実践的な内容で行います。

 

DSC_0082_R.JPG

DSC_0079_R.JPG

☝代読の演習もチラシや冊子を使って行いました。日本語(漢字)って難しい…

「読み・書き」を含め、日本語力も同行援護従業者には必要です。

 

DSCPDC_0001_BURST20180715154946867_COVER_R.JPGDSC_0086_R.JPG

☝点字を書いてみる体験も行いました(^^♪

皆真剣!

 

DSCPDC_0002_BURST20180715154942146_R.JPG

☝先週に引き続き聴講で参加の、地元「ひかりの森」の松田理事長様も、点字に触れていました。
全ての視覚障がい者が、点字の読み書きが可能、というわけではありません(実はたったの10%くらいの方しか読み書きできない)。

 

DSC_0087_R.JPG

☝これは目を閉じて、お財布の中の硬貨の種類を確かめる様子。

(視覚障がい者は触った感触、大きさ等で種類を判別できる方が多い) 

実体験として学ぶのが、あじさいの講習です♩

 

DSC_0095_R.JPGDSC_0092_R.JPG

 ☝最後は実技!まずは全ての基本となる「基本姿勢」の取り方から。

お互いにチェックしながら、「手は必ず下から添える⇒鷲掴みや逮捕連行持ち禁止!」等のルールを覚えていきます。 

 

DSC_0102_R.JPGDSC_0101_R.JPG

☝腕をつかむ方ばかりではなく、肩に手を置く方も少なからずいます。

様々なパターンを覚えて、現場で実践できるように練習練習!

 

IMG_4736.JPG

☝18時に講習終了。残すは後一日です。澤瀨社長もお疲れ!?(;'∀')

 

いよいよ来週で「修了証」が渡される、つまりは「プロ」の同行援護従業者になります。

その自覚をもって精一杯講習に取り組めるのか、視覚障がい者の安全と安心を守るのは私達だ!という意識を持てるのか。

そうした「プロ意識」をもった同行援護従業者を養成するのが、私達の役目です。

2018 / 07 / 09  08:00

埼玉(越谷)での同行援護従業者養成研修スタート!

あじさいとしては埼玉県内で初の同行援護従業者養成研修(一般課程)が、昨日から越谷市の中央市民会館を会場に開講致しました。

記念すべき初日の様子を公開!

 

IMG_4701.JPG

☝会場の前で可愛らしく!?ポーズを決める澤瀨社長の図(笑)

 

IMG_4708.JPG

☝会場の裏には元荒川が流れており、遊歩道などもある素敵な環境の研修会場です。

 

IMG_4705.JPG

☝澤瀨社長の挨拶から研修開始。

 

DSC_0008_R.JPGDSC_0013_R.JPG

 ☝まずはオリエンテーション!始める前に全員で握手して自己紹介します。

「初めまして!」の人であれ、コミュニケーションをとって、信頼関係を築いていくのが同行援護従業者の役割です。

 

DSC_0014_R.JPG

☝してやったり!?の澤瀨社長です(^^;

 

DSC_0018_R.JPG

☝グループ内での自己紹介の様子。同じ志を持つ仲間とのコミュニケーションを深めます。

 

DSC_0020_R.JPG

☝講義は講師から一方的に話さず、皆で考える!

考えながら覚えることで、視覚障がい者の世界の概要を学びます。

これこそが「あじさい」の講習の真骨頂。

 

DSC_0024_R.JPG

☝視覚障がい者は私達の第一印象を「声」で判断します。

「笑顔」からの「笑声」!で声をかける練習(^^) 

 

DSC_0022_R.JPG

☝地元の視覚障がい者団体「ひかりの森」の松田理事長様も聴講で参加。

当事者の視点から、 ご意見を沢山頂きました(^^♪

 

DSC_0030_R.JPGDSC_0035_R.JPG

☝仲間が見守る中、教室内をアイマスクを着けて歩く体験。
実体験することで、外を一人で歩く視覚障がい者が、色んな思いを乗り越えて歩いていることを実感します。

 

DSC_0045_R.JPGDSC_0050_R.JPG

☝最後は外でも体験。

真っ直ぐに歩くのも大変。五感をフル活用して歩きます。 

 

DSC_0052_R.JPGDSC_0056_R.JPG

☝最後は皆で「今日の復習プリント」を解いて講習終了。
覚えられたかな???(笑) 

 

初日でしたが、受講生皆の学ぶ意欲が高く、とても良い雰囲気でした(*^-^*)
視覚障がい者の世界の概要を知った今日でしたが、来週からはより実践的な内容に入っていきます。

2018 / 06 / 14  07:20

流山で初の同行援護従業者養成研修終了!\(^o^)/

東葛エリア初開催の同行援護従業者養成研修(一般課程)が、5月30日(水)から一週間おきに行われ、6月13日(水)をもちまして無事終了。

実に21名の視覚障がい者の支援者達~同行援護授業者~を養成できました。

 

最終日は7時間の実技。

DSC_2413.JPGDSC_2414.JPG

☝まずは前回の復習。大切な「基本姿勢」から、受講生がお互いにチェックし合いながら、和やかに講習は進みます(^^)

 

DSC_2418.JPG

☝今度は基本姿勢を保ちながら、しっかりと歩く練習。

何より「利用者様の足元への意識」を持つことが大切!

 

DSC_2423.JPGDSC_2424.JPG

☝狭路通過の体勢の取り方の練習。

「絶対に利用者様をぶつけない!」意識があれば、自ずと気をつける点は解るはず。

 

DSC_2427.JPGDSC_2428.JPG

☝「位置取り」(利用者様を誘導する場所)や「安全への意識」があって、初めて利用者様をぶつけずに通過できるのです。

同行援護従業者の仕事はその積み重ね。

右の写真は良く見ていてグッド!👍

 

DSC_2432.JPGDSC_2435.JPG

☝溝をまたぐ(ホームと電車の間とか)も、しっかりと足元を見なければ!です。 

 

DSC_2439.JPGDSC_2441.JPG

☝いよいよ外歩きでこれまで学んだことを活かせるか試します。

歩車道の境(横断歩道)でも、利用者様の足元を見る!+左右確認+声かけ(段差を下りるor上る)を行います。 

 

DSC_2442_R.JPG

☝楽しくコミュニケーションを取りながら歩けるのも、同行援護従業者の大切な要素です(^^♪ 

 

 

IMG_4384.JPG

☝同行援護従業者役、利用者様役に加えて、オブザーバー役の三人一組で演習を実施。

交代時に、利用者役のみならず、オブザーバー役からフィードバックして、自分の癖に気付いていくのも、あじさいの研修の特長です。

 

DSC_2446_R.JPG

☝大分余裕が出てきたかな?(^-^)

 

IMG_4386.JPG

首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)様のご協力で、「流山セントラルパーク駅」構内のエスカレーターを使わせて頂き、エスカレーター乗降演習も実施。

 

IMG_4404.JPG

☝最後は修了証を澤瀨社長から皆に手渡しました。受講生代表とポーズ!(^^)

 

初めてのエリア(東葛エリア)での開催ということで、受講生が集まるかどうか心配していたのですが、予想をはるかに上回る21名もの方に受講して頂きました(定員オーバーで、何人かはお断りするくらい応募がありました!)。
応用課程もぜひやって欲しい!といった声も、少なからずありましたので、今後東葛エリアでの応用課程開催も前向きに検討したいと思います。お楽しみに!

2018 / 06 / 12  08:00

流山での研修、進行中です!

あじさいでは千葉県東葛エリア初開催となる、流山市での同行援護従業者養成研修(一般課程)が5月30日から三週間にわたり、21名もの受講生を集め開講されております。

少しだけ二日目の様子をご紹介♩

IMG_3456.JPGIMG_3471.JPG

☝会場は「流山市生涯学習センター」“流山エルズ”さん。

つくばエクスプレスの流山セントラルパーク駅からも近いので、とても便利な立地にあります。

 

DSC_2371.JPG

☝あじさいの研修の特長は「考えて学ぶ」。講師が一方的に話すのではなく、これまでの経験や知識をふまえ、ディスカッションなど取り入れて、皆で学びます。

 

IMG_4355.JPG

☝代筆や代読も同行援護従業者の大切なお仕事。視覚障がい者の「目の代わりになる」ための演習です。 

 

DSC_2383.JPG

☝自分の名札に点字で名前を書いてみる体験も!

「これで視覚障がい者は読める方がいるんだ…」と触って感心しています(^-^)

 

DSC_2386.JPG

☝二日目の最後は実技。

次週と合わせ8時間の中で「プロ」としての技術を学びます。

まずは何よりも大切な「基本姿勢」から!

 

DSC_2394.JPGDSC_2391.JPGDSC_2392.JPG

☝肘、肩、腕を組む~など、様々なご利用者様がおりますので、色んなパターンを練習。

これは肩パターン。上手く出来たかな?を利用者役に聴くのみならず、お互いにチェックしながら講習を進めます。

 

DSC_2398.JPG

☝だいぶ様になってきた、かな!?( ̄▽ ̄)

 

DSC_2402.JPG

☝最後は相手に合わせて歩く練習。何より「足元への意識」を持つことが大切です(`・ω・´)b

 

兎に角、一般課程では「安全への意識」を持てるかどうか、です。

視覚障がい者の「安全&安心&楽しい」歩行を保障するのが同行援護従業者。

そんなプロを養成するべく、講師陣も頑張っています。

最終日にはつくばエクスプレスの駅構内エスカレーターをお借りしての、エスカレーター乗降演習もあります。皆頑張れるかな?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
2018.11.16 Friday