あじさい~訪問介護・障がい者総合支援・同行援護従業者養成研修~

事業者番号 1200020690 1210200372 サービス地域は習志野、船橋、八千代、千葉市花見川区
 047-409-6617
お問い合わせ

インフォメーション

2018 / 08 / 20  17:30

同行援護事業Q&A

日本盲人会連合(※あじさいはその中の「同行援護事業所等連絡会」に所属)ホームページ内に「同行援護Q&A」というコーナーがありますが、この4月からの制度改定をふまえたものへと更新されました。


「利用者編」「事業所編」いずれもワードもしくはPDFファイルでダウンロードできます。
同行援護に携わる者は必見!の内容です。詳しくは下記のリンクをご参照下さい。
http://nichimou.org/assistance-guide-helper/qa/
m.png



2018 / 08 / 20  08:15

千葉での同行援護従業者養成研修開講!~初日の様子~

8月18日(土)から、千葉市生涯学習センターを会場に、千葉市で今年度初の同行援護従業者養成研修一般課程が始まりました。

下は20代から、上は70代と実に幅広い年齢層のメンバーです(^-^)

 

IMG_5173.JPG

☝会場準備中の澤瀨代表。こんな時も「文集あじさい」(リンク参照)のPRは忘れません!?(;'∀')

 

IMG_5177.JPG

☝澤瀨代表の開講の挨拶。受講生10名と少人数の講習開始です!

 

DSC_0217_R.JPG

☝同行援護従業者に求められるのは、何と言ってもコミュニケーション力!
ということで、受講生皆で固い握手を交わしてから講習開始(^^)

 

DSC_0220_R.JPG

☝あじさいの講習の特徴はグループワークが多いこと。
「講師から“一方的に話す”」のではなく、皆で考えながら必要な知識を覚えていきます。

 

DSC_0230_R.JPG

☝視覚障がい者が行うジャンケンを体験中。
「ジャンケンポン!」では、相手が何を出したか判らないので、「ジャンケンパー!✋」といったように、声を出して行います。

 

DSC_0232_R.JPG

 ☝視覚障がい者は私達の第一印象を「声」で判断します。

お互いに笑顔ではないと出ない漢字の良い声~笑声~で挨拶する練習中(*^-^*)

 

DSC_0235_R.JPG

☝硬貨を触って確かめる体験。視覚障がい者は大きさや形、重さ、模様、ギザギザ等で硬貨を判別します。 

 

DSC_0237_R.JPG

☝紙幣は大きさや「識別マーク」(お札の右下と左下にある触って判る部分)で判別します。
これは知らなかった!という受講生が ほとんどでした。

 

DSC_0249_R.JPG

☝これは「視覚障がい者の心理」の項目で、教室内をアイマスクをして、自分の席まで戻ってみる…という体験です。

いかにして空間を認識するのか。「触覚」「聴覚」を活用しつつ、「メンタルマップ」についても実感します。

 

DSC_0267_R.JPG

☝講師や仲間が見守る中、「防御姿勢」を取りながら慎重に歩く受講生Kさんです(^^♪

車とか自転車が通らないし、足元だって安全な教室だって、見えないとやはり最初は怖いのです。

 

DSC_0271_R.JPG

☝お次は会場近くの千葉公園で、二人一組でアイマスクを着けた状態で歩いてみる体験。

すぐ近くで見守ってくれる人がいるかいないかで、どれだけ安心感が違うかを実感しています。 

 

DSC_0273_R.JPG

☝わずか数百メートルの距離ですが、それが何倍にも感じます。

こうした体験で、一人で白杖を持って外出される視覚障がい者がどれだけ大変な思いを乗り越えて外出しているのか、身をもって知ることで支援に繋げていくのです。

 

DSC_0287_R.JPG

☝一日目の終わりは「復習プリント」で今日覚えたことのチェック!

 

同行援護従業者(視覚障がい者ガイドヘルパー)の役目は「ご利用者様に安全と安心を提供し、楽しい外出を心掛ける」とともに「その日の目的を果たす支援を行う」ことです。

…それは即ち「私達がいるのに絶対怖い思いをさせない」ことでもあります。

お一人で白杖や盲導犬を使って外出する方だって、やはり痛い&怖い&危ない!思いをすることがあるはず。
であれば尚更のこと、同行援護従業者という「プロフェッショナル」がいるに時はリラックスして歩けるための技術と知識を身につける!というのが講習の目標なのだということが、身に染みて解ったはずです。

 

こうして三日間20時間の講習は幕を開けました。

来週も色々やるからね~!( ̄▽ ̄)

2018 / 08 / 13  08:15

千葉盲学校オープンスクール

四街道にある千葉県立千葉盲学校では、9月22日(土)にオープンスクールを開催するそうです。

学校案内のみならず、寄宿舎見学や授業参観や運動会参観もあるようで、視覚障がい者の支援に関わる方々にも、より理解を深める機会になるかと思います。

お申し込みが必要なようですので、下記リンク先「第2回オープンスクールのお知らせ」から、申込用紙をダウンロードしてお申し込み下さい。
https://cms1.chiba-c.ed.jp/chiba-sb/

926630.jpg

2018 / 07 / 27  18:00

京成電鉄様の広報誌&ポスター撮影に協力しました

昨年から今年にかけて、弊社の同行援護従業者養成研修応用課程における「交通機関の乗降演習」で、京成電鉄様の京成千葉駅~千葉中央駅を四回ほど利用させて頂きました。

そのご縁から、広報誌「京成らいん」と「安全PRポスター」への撮影協力依頼があり、本日京成津田沼駅改札&ホームにて習志野市視覚障害者福祉協会のご利用者様と一緒に撮影してきました!

 

DSC_0167_R.JPG

☝まずは改札で声をかけるシーンから撮影。

 

DSC_0168_R.JPG

☝モデルは習志野市視覚障害者福祉協会の澤瀨哲雄会長(あじさい社長のお父様)です。

駅員さんの笑顔がス・テ・キ!(^^)

 

DSC_0173_R.JPG

☝電車の乗り降りのシーンも撮影。

 

DSC_0175_R.JPG

☝お互いに良い笑顔です(^-^)
安心して電車に乗れたり、ホームを歩けたりすると、こんな笑顔も出るのです!

 

DSC_0178_R.JPG

☝最後はホーム誘導シーンで撮影終了。

 

駅ホームは視覚障がい者に「欄干のない橋」と言われるほど、危険の多い場所。
そんな時に必要に応じて駅員さんや周りの方のサポートがあったら、どれほど嬉しいか。

今、駅では「声かけサポート運動」も行われていますが、こんな風に視覚障がい者が一人でいても安心に歩ける環境がもっと増えて欲しい。
その啓発のお手伝いを、弊社協力でできたことは嬉しく思います(*^-^*)

2018 / 07 / 24  09:15

埼玉(越谷)で初の同行援護従事者養成研修終了!\(^o^)/

あじさい初の埼玉(越谷)での同行援護従事者養成研修一般課程が無事終了!
参加した受講生は9人と少人数ではありましたが、和気あいあいと雰囲気の中にも真剣さがあり、良い学びの場になったと思います(^-^) 

 IMG_4915.JPG

☝最終日に臨む澤瀨社長。越谷市中央市民会館様には共用部(階段)の使用などお世話になりました。

 

DSC_0065_R.JPG

☝地元である越谷の視覚障がい者団体ひかりの森の松田理事長様も三日間聴講で参加。
見えない・見えにくい高齢者への理解と安全なサポートガイド「あるっく」DVDの宣伝中です。

 

IMG_4918.JPG

☝会場裏を流れる元荒川を眺めながら、まずは慣れるための歩行演習。

 

 IMG_4920.JPG

☝あじさいの講習の特長は「見て学ぶ」こと。ガイド(同行援護従業者)役、利用者(視覚障がい者)役のみならず、オブザーバー(観察者)役をも務めることで、「見た目の自然さ」を学んでいきます。
「人の振り見て我が振り直せ」ですね!

 

IMG_4922.JPG

☝左側の怪しいアイマスクの方があじさいの社長です…(^^;)

 

DSC_0107_R.JPG

☝階段は腋をしめて、利用者の足元から目を切らないことが大切。

受講生Oさんはしっかり出来ていますね。(^^♪

 

IMG_4929.JPG

☝階段の練習にも澤瀨社長が視覚障がい者役でお手伝い。身体張ってます!(笑)

因みに受講生のKさんも、ちゃんと足元を見ていますね!(`・ω・´)b

 

DSC_0142_R.JPG

☝外歩きの様子。室内で練習したことが実践できるか。
歩車道の境の段差など「足元への意識」が繰り返し求められます。

 

DSC_0146_R.JPG

☝役割交代時には必ず反省会。利用者役と観察者役からフィードバックをガイド役に行います。 

 

 DSC_0150_R.JPG

越谷ツインシティのご協力で、エスカレーターの乗降演習も実施。

 

DSC_0166_R.JPG

☝椅子への誘導も手を下から添えて丁寧に!(^-^)

 

IMG_4942.JPG

☝苦労して手に入れた修了証~プロの証!~は、ずっしりと重い!
「視覚障がい者の安全と安心を守る」同行援護従業者の責任を噛みしめています。


IMG_4943.JPG

☝最後は澤瀨社長とポーズ!(^^)

 

暑さに負けずに、9名の受講生を新たな同行援護従事者として修了させることができました。
今後はここ越谷か東葛エリア(流山)で応用課程の開講を検討します。
乞うご期待!(^_-)-☆

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
2018.11.16 Friday