インフォメーション

本年度(2023年度)の弊社主催の同行援護従業者養成研修の予定は以下の通りです。
詳細は各会場タイトル下のリンクをご覧下さい。

【千葉市会場:千葉市生涯学習センター
http://narashino-ajisai.com/free/chiba
募集中・・・2023年11月開講 
準備中・・・2024年3月開講(2023年11月頃予約開始予定)

千葉市.png

【流山市会場:流山市生涯学習センター「流山エルズ」
http://narashino-ajisai.com/free/nagareyama
募集中・・・2023年10月開講
流山市.gif

【取手市会場:取手市立福祉会館
http://narashino-ajisai.com/free/toride
準備中・・・2024年2月開講(2023年10月頃予約開始予定)
取手市.jpg


【鹿嶋市会場:鹿嶋勤労文化会館
http://narashino-ajisai.com/free/rokko
募集中・・・2023年9月開講(開講済みのため、応用課程のみ受付中)
準備中・・・2024年春開講(4月~5月予定)
鹿嶋市.png

お申し込みの際は、学則も必ずご覧下さい。
受講生から「わかりやすくて楽しい!」と評判の研修をぜひご体験下さい。
09narashido_study.jpg

2017年から千葉県で同行援護従業者養成研修を開講しているあじさい。
2018年には埼玉県(越谷市)で一般課程開講。
2019年から茨城県(取手市)で定期的に(年に二、三回のペースで)開講していますが、この度茨城県の鹿行エリア(鹿嶋市)で初開講致しました。
記念すべき第一回目の講習の様子を、大分前回から間が空きましたが💦ご紹介します。

【一般課程二日目】1月21日(土)の様子
IMG_5193.jpg
☝何だか立派な案内看板。今日は座学6時間+実技1時間の日です(研修時間は9時30分~18時)。

IMG_5196.jpg
IMG_5197.jpg
☝前回同様、4人ずつ2グループに分けてコミュニケーションを取ることから開始。

IMG_5199.jpg
☝「情報支援と情報提供」のカリキュラムでは、実技&現場でとても大切な基本姿勢を学びました。

IMG_5200.jpg
☝何より大切なのは、ご利用者様が掴んでいる腕の「わき」を締めること。
そのことだけで、同行援護従業者(ガイド)の身体の動きや向きがわかるのです。

IMG_5204.jpg
☝話しかける時にも、前を向いているか、相手の方を向いているかで伝わり(聞こえ)方がまるで違います。

IMG_5205.jpg
☝手の誘導方法の基本を学んでいる様子。「右(左)手は右(左)手で誘導する」「鷲掴み(上から掴む)厳禁!」なのです。
両方を体験して、身体で覚えていきます。

IMG_5209.jpg
☝今日もグループワーク多め。
「同じ学びをする仲間」との意見交換をすることで、必要な知識を深めるとともに、コミュニケーション能力も高めます。

IMG_5212.jpg
IMG_5213.jpg
☝「代筆・代読の基礎知識」では、視覚障がい者が使う器具「サインガイド」を使って、目を閉じて名前を書いてみました。
どうしても自筆が求められる時には便利な器具です。

IMG_5219.jpg
IMG_5220.jpg
IMG_5221.jpg
IMG_5225.jpg
☝「代筆」のワーク開始!
宅配伝票への記入、公的機関の書類記入等、実際にあり得る場面を想定して研修を行います。

IMG_5232.jpg
IMG_5233.jpg
IMG_5235.jpg
IMG_5237.jpg
☝「代読」のワークでは、機関誌の記事やチラシを用いて実施しました。

IMG_5238.jpg
IMG_5239.jpg
IMG_5241.jpg
IMG_5242.jpg
☝お弁当🍱の写真を使って、視覚障がい者役の受講生に説明する練習も。
要は「ガイドの言葉で頭に絵を描けるか(イメージ出来るか)」が何より大切なのです。

IMG_5249.jpg
☝この日の最後は実技(基本技能)一時間。
まずは挨拶から。視覚障がい者は第一印象を声で判断しますので、笑顔の声「笑声」で挨拶します😊

IMG_5251.jpg
IMG_5253.jpg
IMG_5260.jpg
☝基本姿勢の取り方も繰り返し練習。手の誘導方法も含め、全ての基本となるのです。

IMG_5261.jpg
IMG_5264.jpg
☝最後は「進む・止まる」の練習。
まずは一人で歩いてみて、狙った(決まった)位置で止まることから始めます。
慣れたところでペアを組んで基本姿勢を保ちながら、同様の練習を行ってこの日のカリキュラムが終了!
お疲れさまでした。

【一般課程三日目】1月22日(日)の様子
IMG_5273.jpg
☝一般課程もいよいよ最終日。澤瀬代表の激励の挨拶を聴く受講生達。

DSC_6141.JPG
DSC_6143.JPG
DSC_6146.JPG
☝まずは昨日の復習から。基本姿勢の取り方から開始します。
きちんと足元を見て体勢を確認する、これが「ご利用者様の足元への意識」に繋がってきます。

DSC_6148.JPG
DSC_6149.JPG
☝「進む・止まる」も再復習。
一人歩きで狙った位置で止まることに加えて、ご利用者様と歩いていることをイメージして、途中や止まった時にも足元を意識します。

DSC_6151.JPG
DSC_6154.JPG
☝ガイド役と利用者役で歩く時も、やはり折に触れて足元を意識します。

DSC_6155.JPG
☝お次は「曲がる」へ。
まずは本部講師がお手本を披露しました。

DSC_6157.JPGDSC_6158.JPG
DSC_6172.JPGDSC_6173.JPG
☝ガイドがご利用者様の外側にいるか、内側にいるかで曲がり方も違いますが、やはりここでも足元を意識します。
車🚙における「内輪差、外輪差」の応用です。

DSC_6176.JPG
☝これは「狭路通過」の体勢の練習中。

DSC_6179.JPG
☝目線(意識)は「ご利用者を障害物にぶつけない!」こと。
「体勢をただ作る」というだけではなく、何が一番大事なのかを考えて練習します。

DSC_6195.JPGDSC_6194.JPG
IMG_5278.jpgIMG_5279.jpg
IMG_5287.jpgDSC_6193.JPG
☝難易度が高い「階段」の練習。
まずは上り階段。ガイドはご利用者様の一段先を進む、リズムを(ご利用者様に)合わせる、わきを締める、足元を意識する等、一つも外せないポイントばかりなのです!

DSC_6199.JPGIMG_5290.jpg
☝上り階段が出来れば、下り階段はその逆。
さほどポイントは変わりません。ガイドが堂々と(怖がらず)進むことも必要不可欠。

DSC_6201.JPG
DSC_6206.JPG
IMG_5293.jpg
IMG_5298.jpg
☝いよいよお昼ご飯、と思いきや、「食事支援(食事時の情報提供)」の演習へ💦
「ガイドの説明力」が試されるところですが、加えて必要以上に手を出さずに見守ることも大切な要素です。

IMG_5300.jpgIMG_5302.jpg
DSC_6211.JPGDSC_6212.JPG 
☝昼食後は「またぐ」の実技へ。
止まる位置、重心移動のタイミング等、難易度は高めの項目です。
ここも意識(目線)👁は「ご利用者様の足元」なのです。


DSC_6214.JPG
☝いよいよ外歩き演習へ。
まずはその前に、想定される場面を踏まえてシミュレーションします。
これは十字路で車🚙が止まってくれている場面を考えている所ですが、ハンドサインを含めて「先に進むのか、車に先に行ってもらうのか」意思表示することが求められます。

IMG_5316.jpg
IMG_5317.jpg
☝会場を出ると、いきなり下り階段三段💦と狭路もどきが!
慌てずに状況説明を行って、「これからどういう行動をするのか」をお伝えしながら進みます。

DSC_6217.JPG
☝平らな会場とは違って、外には道路の亀裂がある等、その場で対処することが沢山あります。

DSC_6221.JPG
☝工事の三角コーンやグレーチング(鉄製の網目の排水溝蓋)も。
見えない・見え難い方でも、ガイドの説明と技術で安心して歩けるかどうか。
ガイドの真骨頂です。

IMG_5320.jpg
☝横断歩道を渡って、会場からほど近い「ショッピングセンターチェリオ」さんへ。

 IMG_5323.jpgDSC_6223.JPGIMG_5325.jpgIMG_5339.jpgIMG_5342.jpgIMG_5347.jpg
「ショッピングセンターチェリオ」さんのご協力で、館内にあるエスカレーターを使わせて頂き、エスカレーター乗降演習を実施。
ご協力に感謝です。


DSC_6229.JPG
「鹿島アントラーズ」⚽の本拠地だけあり、館内にはミニミュージアムが。
休憩中の受講生を激写📸

IMG_5349.jpgIMG_5351.jpg
☝エスカレーター乗降演習後は、再び外歩きへ。

DSC_6231.JPG
☝市内を歩く受講生達。まずは経験あるのみ!です。

IMG_5358.jpg
☝近くの公園に到着。
公園入り口には車止めが。狭路通過の体勢をとるのか、基本姿勢のまま行けるのか。
ガイドはそれを瞬時に判断しなければなりません。

IMG_5362.jpg
☝ペアで反省会(お互いの気付きを共有)後、澤瀬代表と本部講師より見ていて気付いたことのフィードバックを。

DSC_6235.JPG
IMG_5365.jpg
☝ここでガイド役と利用者役を交替し、外歩き後半戦へ。

DSC_6237.JPG
☝談笑しながらも、段差では足元を意識しつつ声掛けをします。
外歩きがお仕事のガイドは、これの繰り返しでご利用者様との信頼関係を築いていきます。

IMG_5375.jpgIMG_5377.jpg
☝今どの辺りを歩いているのか、どんな店があるか、どんな光景が見えるか。
これらは全てガイドのお仕事の一つである「情報提供」です。

DSC_6240.JPG
☝要所要所で足元を見ながら声掛けが出来るようになってきました。

IMG_5386.jpg
☝こんな狭い所(縁石と電柱の間)も冷静に対処します。

IMG_5392.jpg
DSC_6245.JPG
☝会場へと帰着。
「室内で行った練習で上手に出来たことが、外でも出せるのか」が、研修のポイント。
外を歩いたことで、感じたことも多かったと思います。それが今後の現場に必ず活きてくるはず。

DSC_6246.JPG
☝コロナ禍では手指消毒する場面も多々あります。
その場所をご利用者様にお伝えし、サポートするのもガイドの役目なのです。

DSC_6247.JPG
☝休憩を挟んで実技再開。
まずは椅子への誘導方法を学びます。これは本部講師のお手本の様子。

IMG_5402.jpgDSC_6248.JPG
☝基本は正面へ誘導。それが出来ない場合は座面の一辺に誘導し、背もたれと座面を触って頂くことで向きを伝えます。

IMG_5405.jpgDSC_6249.JPG
☝二人並んで座れる場合は、どちらに座って頂くかで、その後立った時のガイドの動きが違ってきます。

DSC_6255.JPGDSC_6257.JPG
☝実技の最後は「ドアの通過」へ。
引き戸(スライドドア)なのか開き戸(前後に開くドア)なのか、並んで通れるのか通れないのか。
それらの複数の要素で違ってきますが、危ない所は触ってもらうと安心。

DSC_6261.JPGDSC_6263.JPG
☝ご利用者様から離れずにドアを閉める技術も学びます。
この後、トイレ🚽の説明方法を学んで実技終了。

IMG_5408.jpg
IMG_5410.jpg
☝修了式の様子。受講生代表と澤瀬代表がポーズ!
これで同行援護従業者として、全国どこでも働けます(要同行援護事業所登録)。

初めて鹿行エリアに下見に行ってから半年。
無事に開講出来たのみならず、受講生同士の仲が良くて、和気あいあい進められた研修でした。
今後もあじさいでは、年に一、二回のペースで当地で定期開催していきたいと思います。

1
Today's Schedule
2024.02.25 Sunday