インフォメーション

2021/05/25 19:45

~アマビエちゃんに守られて~同行援護従業者養成研修(取手)一般課程が終了!

5月15日(土)に開講した同行援護従業者養成研修(取手)一般課程には、県内外から18名の受講生が参加中。
一時雨も降った☂最終日の22日(土)。外演習も含めて受講生の奮闘ぶり⁉をご紹介。


5月22日(土):一般課程3日目
IMG_8201.jpg
☝一般課程最終日に臨む澤瀨代表。ちょっと緊張気味⁉

IMG_8205.jpgDSC_3256.JPG
☝そうでもないようでした💦
こんな和やかな?緩~い雰囲で場を癒すが代表なのです。
(もう一人の講師は厳しいので、アメとムチを分担しております)

IMG_8203.jpg
☝澤瀨代表の挨拶から一般課程最終日7時間(全て実技!)がスタート。

DSC_3257.JPG
☝まずは前回の復習。笑顔&笑声で挨拶から基本姿勢までを思い出します。

DSC_3261.JPGDSC_3262.JPG
☝基本姿勢でも、きちんと出来ているのか足元を見てチェック!
何と言っても「同行援護は視覚障がい者の足元に対する意識」が大切なのです。

DSC_3267.JPG
☝お次は「進む」と「止まる」。
モ、モデル歩き⁉💦…ではなくて、まずは一人で歩いて「決まった位置で止まる」というシミュレーションなのです。
足元を見てから出発!

DSC_3268.JPGDSC_3266.JPG
☝緑色の線できちんと止まれているかチェック!
その時に大切なのは「止まります」という声かけと、身体の動き(しっかり止まる)が一致できているかどうか。
「言葉と身体の一致」が求められるのが、同行援護従業者なのです。

DSC_3280.JPGDSC_3276.JPG
☝一人歩きで練習した後は、ペアになって基本姿勢を取ってから「進む」「止まる」を実践。
基礎を固めていきます。

DSC_3277.JPGDSC_3281.JPG
☝最初はなかなかムズカシイ…
しかし、練習を続けることで「良い位置」で止まれるようになってきました。

DSC_3306.JPGDSC_3312.JPG
☝「進む」「止まる」の次は「曲がる」へ。
ガイド(同行援護従業者)がご利用者様の内側にいるか、外側にいるかで曲がり方は違ってきます。
相手を振り回さずに、ソフトに曲がる。前もって声掛けも忘れずに!

DSC_3282.JPGDSC_3285.JPG
☝これは「視覚障がい者にやってはいけないこと」の体験。
前から手を引いて歩く=「屈辱感を与える」や、後ろから背中を押す=「恐怖感を与える」等、全員が身をもって体験しました。

DSC_3328.JPGDSC_3318.JPG
DSC_3339.JPGDSC_3344.JPG
☝実技で難易度が一番高い「階段」。
「上り」か「下り」をしっかりと伝えるのみならず、「ご利用者様の足元への意識を持つこと」&「つかまれている腕の脇をしっかり絞めること」&「ご利用者様のペースに合わせること」&「タイミングの良い声かけ」等、ポイントがいっぱい!

DSC_3330.JPGDSC_3331.JPG
☝「足元への意識」がきちんと出来ていますね!😊

DSC_3346.JPG
☝階段の演習が終わって、やっとランチタイム!🍱
…その前に、「食事の情報支援」の演習がありました💦
「どんな情報があれば食べやすいのか」をまずはペアで考えます。

DSC_3351.JPGDSC_3363.JPG
☝袋から出すのも、パッケージを開けるのも、視覚障がい者は出来ます。
割り箸を割って渡したり、余計な手を出したりすると、嫌がる方は沢山います(当たり前ですね!)。

DSC_3353.JPGDSC_3368.JPG
☝頼まれた時には勿論お手伝い!

DSC_3362.JPGDSC_3359.JPG
DSC_3367.JPGDSC_3361.JPG
☝あとは説明あるのみ。視覚障がい者が頭の中で食べ物の場所(配置)が解るように説明します。
…実は「向かい合わせ」で座ると、お互い左右が逆になるので、簡単なようで意外とムズカシイ。

DSC_3366.JPG
☝食材で説明が難しい物が会った時には、帯封を見ると書いてあることも!
セ●ン●レ●ンのお弁当🍱は親切(笑)

DSC_3369.JPG
☝終わったらお互いにフィードバック。この後はアイマスクを着けて…いや、着けないで💦食事休憩なのでした。

DSC_3370.JPGDSC_3371.JPG
☝お昼休憩後は「狭路通過」の実技から。
まずは基本姿勢(二人幅)から狭路通過の体勢(一人幅)になる練習。
これも三人組で人のやっているのを見て、時にはお互い指摘して学んでいきます。

DSC_3374.JPGDSC_3377.JPG
☝狭路通過のポイントは、何と言っても「ぶつけない」こと!
「位置取り」(ご利用者様を適切な位置に誘導)や、きちんと一人幅になること、通過時の目線(絶対にぶつけない!という意識)が求められます。

DSC_3387.JPGDSC_3388.JPG
☝これは「溝をまたぐ」の実技。
ガイドは先に「外側の足」をまたいでおく(重心は内側の足)、そしてご利用者様がまたぐ時に重心を前に出す(内側の足は残したまま)等のポイントがいっぱい!
いずれにせよ問われるのは「足元への意識」です!

DSC_3395.JPGDSC_3397.JPG
☝いよいよ小雨🌂の降る中、外歩き演習へ。まだ緊張の面持ち…

IMG_8214.jpg
☝最初は歩くことに精一杯!ですが、「ご利用者様との会話」も行いつつ、安全確認(車、段差、足元への目配り)をしなければならないのがガイドのお仕事。

DSC_3399.JPG
☝意外に多いのが「押しボタン式の信号機🚥を見逃す=信号がいつまで経っても青にならない💦」こと。

DSC_3400.JPG
☝押しボタンに気付いた人も、講師に指摘されるまで気付かなかった人も…😣
周りをよく見回すこと=観察力に加えて、分析力も「必須条件」です。


DSC_3404.JPG
☝役割交替して取手駅へ向かいます。ガイド役、利用者役の両方を体験することで、「こうされると安心(不安)」ということを、身体でも覚えていきます。

DSC_3406.JPGDSC_3407.JPG
☝進め、受講生達!

DSC_3408.JPG
☝信号機の無い横断歩道では、手を挙げて渡ることも大切。
時にはハンドサイン✋を駆使して、安全を守ります。

IMG_8224.jpgDSC_3413.JPG
☝取手駅西口に上がる階段はかなり長い!
午前中に屋内で学んだことが落ち着いて出来るかが問われます。

DSC_3415.JPG
☝JR東日本東京支社様のご協力もあり、取手駅構内でエスカレーター乗降演習を実施。
一般の方も使われるので、開始前に講師からの諸注意を皆真剣に聴いています。

DSC_3418.JPGDSC_3419.JPG
DSC_3422.JPGDSC_3426.JPG
☝エスカレーター乗降演習開始。何度も繰り返すことで、声かけのタイミングを覚えます。
「視覚障がい者にとって、エスカレーターは怖いものなの?」➡怖いと思う人は、エスカレーターを選ばず階段やエレベーターを使います。
つまり、エスカレーターを選ぶ方は、乗ることが出来る方なのです。

DSC_3430.JPGDSC_3433.JPG
☝ペアを交替しながら、上りも下りも何度も繰り返し練習。

DSC_3434.JPGDSC_3437.JPG
☝コロナの影響か、かなり空いていた取手駅。何度も練習出来ました。

DSC_3441.JPG
☝手すりを使って端に寄って乗る方もいます。一般課程では講師がお手本を見せて、応用課程で練習します。

IMG_8236.jpgIMG_8240.jpg
DSC_3444.JPGDSC_3443.JPG
☝エスカレーター乗降演習を終えて、会場の取手市立福祉会館へ戻ります。
階段ではガイドが必ず一段先、脇を絞める、ご利用者様の足元をしっかり見る!です。

IMG_8244.jpg
☝高架下の東西連絡通路を通り、西口から東口へ。
地下道(ガード下)では、急に明るさが変わるので、必ず状況説明を前もって行う必要があります。
「声の反響」「空気感」も違うので、情報提供は忘れずに。

DSC_3446.JPGIMG_8247.jpg
IMG_8249.jpgIMG_8252.jpg
☝取手駅から会場までの帰り道。
皆大分余裕をもって、そして綺麗な姿勢(基本姿勢)を保って歩けるようになりました!

DSC_3450.JPG
☝雨も☂上がって、皆無事に会場へ帰還しました😌

DSC_3451.JPGDSC_3455.JPG
DSC_3457.JPGDSC_3458.JPG
☝会場に戻っても、まだまだ実技は続きます。
これは椅子への誘導ですが、背もたれと座面の位置関係が判れば、視覚障がい者は座れます。
さらに固定椅子ではない場合には、しっかりと椅子を支えることも大切。

DSC_3461.JPG
☝二人で並んで座れる椅子への誘導。
座らせたい椅子の座面正面へ「位置取り」します。

DSC_3463.JPG
☝テーブルと椅子がある場合には、両方を触らせることで視覚障がい者は位置関係を判断して座れます。
これは講師によるお手本。

DSC_3466.JPGDSC_3471.JPG
DSC_3478.JPGDSC_3481.JPG
☝最後の実技は「ドアの通過方法」。
色んなパターンがあり、狭路通過の姿勢をとったり、ドア枠に手を触れてもらったり…
「絶対にぶつけない」を意識しなければなりません。

DSC_3484.JPGDSC_3487.JPG
☝最近はコロナ禍で換気のため、ドアを開けっ放しにしている所も多いですが、基本は「開けたら閉める」です。
ご利用者様から離れずに、ドアを閉める方法を学びました。

IMG_8254.jpgIMG_8258.jpg
☝3日間20時間の講習を終えての修了式。
受講生代表に修了証を手渡して、ニッコリ😊ポーズする受講生と澤瀨代表なのでした。

オマケ
IMG_8260.jpgIMG_8262.jpg
☝いつも無償でポストカードを提供して下さるホーム転落をなくす会様、シールを提供して下さる点字ブロックステッカー配り隊! 貼り隊!様。
残って撮影に協力してくれた受講生と頂いたポストカード、シールを持ってポーズ!

茨城県では弊社(あじさい)を含めて指定研修事業所が4つ。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年度講習を開催したのが、唯一の県外事業所である弊社のみといった状況でした…
研修を行わなければ、当たり前ですがガイド(同行援護従業者)は増えない。
それは視覚障がい者の外出機会が減ってしまう、ということにも繋がります。

今後もあじさいでは、新型コロナウイルス感染防止対策を、参加される受講生の方とも協力しながら、茨城県&千葉県(呼んで下されば他の都道府県でも!)での同行援護従業者養成研修を続けていきます。
新型コロナ感染防止対策.jpg

2021/05/25 17:45

千葉市開催の同行援護従業者養成研修について

来月6日(土)から千葉市生涯学習センターを会場に同行援護従業者養成研修が開講致します。
おかげさまでコロナ禍にも関わらず、多くの方からのお申し込みをいただき、キャンセル待ちも受け付けておりましたが、全くキャンセルが出ない状況でした。
現在、一般課程は「満席」で、応用課程のみ「若干の空きあり」といった状況です。
診察.jpg
開講に週間前から、体温測定を含め体調確認をお願いしておりますので、6月11日(金)まで「応用課程」をご希望の方のみ、ご予約承ります。
なお、次回開講日程はコチラをご覧下さい。
※下線部クリック!

応用課程…2日間12時間
令和3年6月26日(土)9時30分~16時00分
令和3年6月27日(日)9時30分~18時00分
受講料金は18,000円(税込み、テキスト代含)です。

【割引】
いずれかに該当する場合、受講料1,000円引き※①~③の重複割引はありません
①あじさい周辺地域割引⇒習志野市、船橋市、八千代市、千葉市花見川区に事業所、自宅あり
②複数人数申込割引⇒同一事業所で、複数人数申込された場合
③遠方申込割引⇒会場より50km以上もしくは千葉県以外からの申込の場合

【受講条件】
・同行援護従業者養成研修「一般課程」修了者のみ(必須条件)
・膝や腰に問題がなく、一日5~6kmの歩行に耐えられる体力のある者
・日本語の読み書きが可能な者(お仕事の中で代筆・代読があるため)

【会場】
「千葉市生涯学習センター」(千葉市中央区弁天3丁目7番7号)

【お申し込み方法】
本ホームページ「お問い合わせ」フォームから「応用課程希望」と書いて、ご連絡下さい。
折り返し担当者からメールまたはお電話で連絡致します。

2021/05/21 20:30

~アマビエちゃんに守られて~同行援護従業者養成研修(取手)一般課程開始!

「いばらきアマビエちゃん」とは?…茨城県が推奨している、ガイドラインに沿って新型コロナウイルス感染防止に取り組んでいる事業者を応援するとともに、陽性者が発生した場合に、その陽性者と接触した可能性がある方に対して注意喚起の連絡をすることで、感染拡大の防止を図ることを目的としたシステムです。
※あじさいの講習でも、茨城県からの要請を受けて事業者登録をして活用中!
hiyori_amabie.png

…と、前置きが長くなりましたが、コロナ禍に負けることなく、取手市内では通算四回目(取手市立福祉会館では二回目)となる「同行援護従業者養成研修」(一般課程)が5月15日(土)から開始致しました。
まずは15日と16日の様子をご紹介します!

5月15日(土):一般課程1日目
DSC_3045.JPG
☝受講生18名で開講!
茨城県内各地(取手市、守谷市、龍ケ崎市、坂東市、潮来市、鹿嶋市、神栖市)のみならず、県を越えて千葉県(柏市、我孫子市)や埼玉県(越谷市)から来ている受講生もいます。

DSC_3052.JPG
☝あじさいの講習は、というも同行援護で大切なのは「コミュニケーション力」。
ご利用者(視覚障がい者)と一緒にいる時間が長いので、いかにお互いに楽しく!過ごせるかが鍵🔑となります。

DSC_3064.JPG
☝3人×6グループで話し合いながら、和気あいあいと講習は進みます。

DSC_3055.JPG
☝同行援護は第一印象(挨拶)が命!
ということで、一人がガイド(同行援護従業者)役、残り二名がご利用者様(視覚障がい者)役になり、「声の印象」をチェックしました。
何よりも心掛けるのは、第一声は「笑顔」(笑声)が大切だということなのです。


DSC_3073.JPG
☝午前中がグループワークを多く取り入れた座学で、午後は体験型学習。
「障がい者の心理」で講演をお願いしている西澤かづ子様にもご協力いただいて、「実技を学ぶ前に、当事者と歩いてみる」体験を何名かが行いました。

DSC_3077.JPG
DSC_3078.JPGDSC_3079.JPG
☝単独で歩くこともある視覚障がい者の心理を体験!
グループに分かれ、会場すぐそばにある利根川河川敷を白杖を使って歩く体験も。

DSC_3087.JPG
☝実際の視覚障がい者のように、縁石を手掛かりに歩いてみる受講生も。

DSC_3093.JPG
☝講師と西澤様からの話を真剣に聴く受講生達。

DSC_3089.JPGDSC_3091.JPGDSC_3097.JPG
☝西澤様と歩く体験にも、数名がチャレンジ!受講生達は総じて西澤様の歩く速さに驚いていました。

DSC_3109.JPG
☝初日の最後の時間は西澤様と講師の対談形式の講演。
生い立ちから盲学校の時の話、働いていた時の話、お一人暮らしの生活の様子等、ご紹介いただきました。

DSC_3100.JPG
☝点字を読みながら講演する西澤様。
お一人暮らしでは、調理とか裁縫もするし、趣味の卓球(サウンドテーブルテニス)🏓やカラオケ🎤等も楽しまれているとのこと。
パソコン💻やスマートフォン📱なんかも使いこなしています。

IMG_8185.JPG
☝五種類ある調味料のチューブを触って当てている西澤様。

スゴイ⁉実はチューブには点字のシールを貼って、区別しているとのことでした。

DSC_3106.JPG
☝最後は受講生からの質疑応答を行って初日が終了。
受講生の中に、視覚障がい者の家に訪問介護で入る人もいるので、「物を勝手に動かさない」(動かした場合は必ず伝える)ことも含めて話を聴けたのはプラスになったかと思います。
そして、視覚障がい者“だから”出来ないだろうとか、あまり外にも出ずに過ごしているだろうといった「心のバリア」を取るきっかけにもなったかなと。

5月16日(日):一般課程2日目
IMG_8189.jpg
☝二日目の朝も澤瀨代表の挨拶から講習開始!

DSC_3112.JPGDSC_3114.JPGDSC_3111.JPG
☝今日も3人×6グループに分かれて、時には一緒に考えながら学びます。
「講習の中でコミュニケーション力を高める」のも、あじさいの講習の大きな特徴です。

DSC_3119.JPGDSC_3120.JPG
☝まずはウォーミングアップ。
「声の印象=笑声で挨拶!」を各グループで復習しました。

DSC_3123.JPG
☝「情報支援と情報提供」の項目では、「言葉と身体の情報提供」を学びます。
歩く時の姿勢=同行援護従業者の肘付近に、ご利用者様が掴まって歩
く「基本姿勢」から、その意味を考えました。

DSC_3126.JPG
☝ガイド(同行援護従業者)が離れて立つと、ご利用者様は腕を持ち難い…

DSC_3129.JPGDSC_3130.JPG
ガイド(同行援護従業者)が腕を曲げると、ご利用者様は腕を持ち難いし、見た目も変になってしまいます💦

DSC_3138.JPGDSC_3139.JPGDSC_3140.JPG
☝「見た目の自然さ」「お互いのやり易さ」が大切ですが、一般的な姿勢はこんな感じです。

DSC_3141.JPGDSC_3142.JPGDSC_3144.JPG
☝手の誘導も、ガイド(同行援護従業者)が空いている方の腕を使うと、身体の向きが変わってしまいます…

DSC_3145.JPGDSC_3146.JPGDSC_3150.JPG
☝さらに✖なのは「上から手を掴む=鷲掴み厳禁!」なのです。
お互いにやって(やられて)みることで、実体験として覚えていきます。

DSC_3153.JPG
☝ということで、手の誘導方法の正解は「1.右手(左手)を触る時は原則右手(左手)、2.手は下からそえる(上から掴む=逮捕・連行・鷲掴み厳禁!)」なのでした。

DSC_3172.JPGDSC_3168.JPG
☝何事も体験あるのみ!ということで、サインガイドを使って、枠内に名前を書いてみる体験を全員で行いました。

DSC_3181.JPGDSC_3184.JPG
DSC_3187.JPGDSC_3185.JPG
☝代筆の演習では、宅配便の伝票や公的機関の書類(住民票請求用紙)を使って行いました。
お仕事で求められるのは、日本語(漢字)の読み書き力。

DSC_3194.JPGDSC_3199.JPG
☝広報誌を使って代読の演習を行う受講生。
「同音異義語」を相手に説明して、理解してもらうことも同行援護従業者の資質として求められます。

DSC_3202.JPGDSC_3203.JPG
☝商品チラシの説明(代読)を行い、その後は申込書の記入(代読)の演習まで行いました。

DSC_3205.JPG
☝イラストや写真があれば、それを説明するのもガイド(同行援護従業者)の役目。
「ポスターやお買い得品情報は、言われなければ視覚障がい者にはわからない」のです。
だからこそ「情報の提供」というのは、このお仕事にしかない、極めて重要で専門的な部分」とも言えます。

DSC_3218.JPGDSC_3222.JPG
☝その後も「自分の名札に点字で名前を書いてみる」体験や…

DSC_3228.JPGDSC_3229.JPG
☝紙幣や硬貨を触って識別する体験=視覚障がい者はどうやってお金を判別しているのかを体験しました。

DSC_3231.JPGDSC_3234.JPG
☝最後に復習プリントを解いて合計12時間学んだ座学が終了!

DSC_3236.JPGDSC_3239.JPGDSC_3240.JPG
☝一日の最後は実技。午前中に体験した「基本姿勢」を復習します。
ここでも三人組~ガイド(同行援護従業者)役、ご利用者様(視覚障がい者)役に加えて、オブザーバー(観察者)役~で行います。
他の人のやっているのを見ることで学ぶ。これもあじさい式の講習なのです。

DSC_3242.JPGDSC_3245.JPGDSC_3246.JPG
☝上手く出来て笑顔も見られました。肩に手を置く方法も習って、実技終了。
一日よく頑張りました。

これで20時間ある一般課程のうち、13時間が終了。
土日連続だったので、受講生達にはハードだったと思いますが、内容の濃い二日間だったのではと思います。

いよいよ来週は実技の神髄へ。外での演習もあるので、よりハードさは増しますが、これもプロになるための通過点にすぎないのです。
皆で頑張って、一日も早く現場に出て欲しいものです。

オマケ!
DSC_3192.JPG
☝ダブルマスク(アイマスクではなく、目にも口用マスク…)の怪しい最年少受講生。
あれ?と思って、話を聞いてみると…「アイマスクを忘れたので着けた(実は講師に気付いて欲しかった)」とのことでした(笑)
あらためて見てみると、かなり怪しいですね(夜に見たら確実に悲鳴をあげるレベル👻です)。