インフォメーション

2017年度から研修事業(同行援護従業者養成研修)を開始したあじさい。
今年で6年目になりましたが、一般課程535名、応用課程369名(2022年度末)の修了生を世に送り出すことが出来ました。
現在は千葉県、茨城県で定期的に(概ね各県四カ月毎)開講しております。

それ以外にも、各事業所様からの依頼にお応えして、事業所様の施設や近くの会場で「出張研修」も行っております。
詳しくは➡http://narashino-ajisai.com/free/doukou-s

4月22日(土)から千葉県我孫子市に事業所のある「特定非営利活動法人わごころ」様のご依頼を頂き、8名の受講生をお迎えして一般課程を開講しております。
その様子をご紹介!

IMG_6316.jpg
IMG_6319.jpg
☝福祉有資格者ばかりのため、通常は一般課程20時間のところ、一部科目免除で16時間を2日間で行う今回の研修。

まずは澤瀨代表のご挨拶から。
因みに会場ですが、弊社主催の講習で定期的に使わせて頂いている「取手市立福祉会館」です。

DSC_7157.JPG
☝同じ事業所でも初顔合わせのメンバーもいるため、まずは受講生同士の自己紹介タイム。

DSC_7158.JPG
☝あじさいの研修はグループワークが多め。
「皆で一緒に考えることで、大切な(必要な)知識を覚えていく」のは勿論、結束力やコミュニケーション力も深まります。

DSC_7160.JPG
☝何が見える⁉ではなくて💦視野の狭さを確かめている様子。

DSC_7166.JPG
☝座学4科目8時間ですが、座ってばかりではなくて、体験も取り入れていきます。
これは「情報支援と情報提供」のカリキュラム内で「歩く時の基本姿勢」を体験している様子ですが、この後に「身体の動きが視覚障がい者(利用者)にどう伝わるかを、役割交替しながら実際にやってみました。
つまり「同行援護従業者(ガイド)」の身体の動き“そのもの”が、情報なのだという大切なことを学びました。

DSC_7167.JPG
☝手の取り方(誘導方法)も「鷲掴み」は厳禁!
これでは逮捕・連行🚔です。

DSC_7169.JPG
手は下から添える(自分の手はクッション)が大原則。
このような「ちょっとしたマナー」を現場で利用者様に実践できるか、その積み重ねが信頼関係の構築にも繋がります。

DSC_7171.JPG
☝これはお弁当🍱の写真を使って、視覚障がい者役に説明する練習。
ガイドのお仕事は、表現力や説明力も求められます。


DSC_7175.JPG
DSC_7176.JPG
☝「代筆・代読の基礎知識」のカリキュラムでは、見えない状態でサインガイドを使って文字を書いてみる体験から。
視覚障がい者が「自筆(自書)」をする時に使うことがある器具を体験しました。

DSC_7180.JPG
DSC_7181.JPG
☝代筆の演習では公的機関の書類(住民票請求用紙)の代筆にチャレンジ!

DSC_7185.JPG
DSC_7187.JPG
☝代読の演習でも冊子の記事やチラシを読む等、実際に現場で起こりうる場面を想定して行いました。

DSC_7194.JPG
DSC_7195.JPG
☝名札に点字で名前を書く体験も。
こうした様々な体験から、視覚障がい者の世界への興味・関心を深めていきます。

DSC_7193.JPG
☝書いた点字を触って確かめてみました。
ぜひ現場に戻ったら、「
自分の名刺」に点字を書いて、点字を利用する視覚障がい者に渡してくれると嬉しいな!😊

9時半から19時まで💦たっぷり座学8時間!でしたが、誰一人集中力を切らさず、講義に取り組む姿が印象的でした。
そして29日(土)には実技が8時間。あと少しだけ頑張りましょう!

Today's Schedule
2024.06.21 Friday