あじさい~訪問介護・障がい者総合支援・同行援護従業者養成研修~

事業者番号 1200020690 1210200372 サービス地域は習志野、船橋、八千代、千葉市花見川区
 047-409-6617
お問い合わせ

インフォメーション

2020 / 12 / 13  17:45

茨城県(取手市)での同行援護従業者養成研修(一般課程)終了!③

【11月28日(土)一般課程三日目の様子】

IMG_5650.jpg
☝いよいよ一般課程の最終日!
今日はこれまでよりも広い部屋を使って、丸一日(;'∀')実技の日なのです。
まずはいつものように澤瀨代表のご挨拶から始まります。

DSC_1960.JPG
☝先週までの復習その1は、お声がけから。
「視覚障がい者にとって、私達の第一印象は声なのだ」ということを思い出しながら、感じの良い(明るい)お声がけから始めます。

DSC_1967.JPGDSC_1966.JPG
☝先週までの復習その2は、基本姿勢!
三人組で、お互いチェックし合いながら進みます。

DSC_1968.JPGDSC_1970.JPG
☝今回の受講生(9名)は、とても覚えが良く、終始スムーズに進行しました。

DSC_1971.JPGDSC_1972.JPG
☝椅子から立ち上がって基本姿勢をすぐにとる練習も復習しました。

DSC_1975.JPGDSC_1976.JPG
☝進む・止まるも再確認!最初も途中も最後もご利用者様の足元を都度意識しなければ、です。

DSC_1978.JPG
☝部屋が広いので、練習環境としては最適でした(^^)v

DSC_1979.JPGDSC_1998.JPG
☝これは「曲がる」の演習。
ガイドがご利用者様の内側にいるか外側にいるかで、曲がり方も変わってきます。
例えて言えば、車における「内輪差・外輪差」と一緒です。

DSC_2007.JPGDSC_2005.JPG
☝お次は「狭路通過」の演習。
自動改札機等の狭い場所を通る時に使う体勢ですが、ご利用者様としっかり重なる(基本姿勢の二人幅から一人幅を作る)のがポイント。

DSC_2012.JPGDSC_2013.JPG

DSC_2019.JPGDSC_2016.JPG
☝位置取り(ご利用者様を狭路の中央に誘導する)を考え、ぶつけないように後方確認しながら通るという、なかなか難易度の高い実技ではあります。

DSC_2034.JPGDSC_2036.JPGDSC_2032.JPG
☝上り階段の演習開始!

IMG_5660.JPGIMG_5663.JPGIMG_5658.JPG
☝上りが出来れば下りも出来る…はずなのですが、やはり下り階段は緊張します。
脇を絞めて、ご利用者様のペースに合わせて、足元を見ること。
これを徹底することが大切なのです。

IMG_5666.jpg
☝ようやく午前中が終わって楽しい食事…ではなく、食事支援(内容物の情報提供)演習の様子。
パッケージを開けたり、割り箸を割ったりするのは、視覚障がい者も出来ますので、余計な手出しは基本的に無用。

DSC_2045.JPGDSC_2049.JPG
☝午後の最初は「溝をまたぐ」から。
何よりもご利用者様の足元への意識が大切。

DSC_2050.JPGDSC_2052.JPG
☝この演習は現場では「電車の乗降」等に深く関わってきます。
またぐタイミング(ガイドはご利用者様が二歩ともまたいだのを見てから、内側の足をまたぐ)を意識し、重心移動も考えながら演習を行いました。

DSC_2058.JPG
☝いよいよ研修のメインイベントとも言える外歩き演習へ出発!
ガイド役、視覚障がい者役、オブザーバー役の三人一組で取手駅へと向かいます。

DSC_2062.JPGIMG_5678.jpg
☝初めてガイド役として外に出て歩いたこの時間は、いつまでも忘れることがないでしょう。

DSC_2070.JPG
☝ちょっと緊張もほぐれてきたかな!?

IMG_5682.jpgIMG_5686.jpg
☝取手駅東口側から西口側への自由通路を通り、階段を上がると取手駅に到着。

IMG_5694.jpg
JR東日本東京支社様のご協力で、取手駅構内のエスカレーターを利用して、エスカレーター乗降演習を実施。

IMG_5701.jpgIMG_5697.jpg
☝こちらも繰り返し練習を行いました。まずは一般課程では一緒に並んで乗るバージョンをマスターします。

DSC_2081.JPGDSC_2084.JPG
☝乗る時も降りる時も、ご利用者様の足元をしっかり見ることが大切。

DSC_2085.JPG
☝会場まで戻る時も勿論演習!こんな高さの階段を下りて帰ります。
午前中あれだけ練習した成果が試される時、でもあります。

DSC_2087.JPG
☝しっかりと足元を見ていますね!素晴らしい(^-^)

DSC_2097.JPG
☝色も形も微妙な点字ブロックの近くを歩く受講生達…
取手駅周辺では、こんな色と形の点字ブロックが目立ちました。

DSC_2094.JPGDSC_2092.JPGIMG_5710.jpg
☝取手駅から会場までは、徒歩20分くらい。
皆しっかりとガイドとして歩けていたように思います。

IMG_5712.jpgIMG_5705.jpg
☝奈良漬けで有名な新六さんの前を通って会場へ。
あれ?素敵なアイマスクを着けた受講生…と思ったら、弊社の美人社長(澤瀨代表)でした!(・_・;)
※この後、自転車で通りかかった小学生達にガン見されていました。
道行く誰もが皆振り返るほどの美貌なのです!(アイマスク装着時に限る⁉)

IMG_5717.jpg
☝外歩き演習を終えて、無事会場に帰着!(*^-^*)

IMG_5719.jpg
☝新型コロナウイルス感染が広がっている現状では、同行援護時の消毒は必須。
しかし、視覚障がい者にはどこに消毒薬(アルコールスプレー)があるか判らないので、ガイドが見つけて消毒を促すことが大切なのです。

DSC_2102.JPG
DSC_2103.JPG
DSC_2104.JPG
☝帰館後は外歩き演習の反省会(お互いの気付きの共有)を行いました。

DSC_2107.JPGDSC_2109.JPG
☝まだまだ実技は続きます。
「椅子への誘導」は、手の取り方(鷲掴み厳禁!)の復習も入ります。

DSC_2112.JPGDSC_2117.JPGDSC_2123.JPG
☝座る時に転倒しないよう椅子を支えたり、二つ並んでいる椅子に誘導したり、テーブルと椅子に誘導したりといった+@も学びます。

DSC_2128.JPGDSC_2132.JPG
☝ドア通過の演習も実施。ドア枠を触ってもらうことで、安全に通過することが出来ます。

DSC_2137.JPGDSC_2139.JPG
☝開けたドアを閉める演習。ご利用者様から離れないで行うのがポイントです。

IMG_5723.jpg
☝長いようで短かった⁉3日間20時間の一般課程が終了。
受講生代表にプロの証である「修了証」を授与\(^o^)/

IMG_5724.jpg
☝澤瀨代表とポーズ!

新たに9名の同行援護従業者が誕生しました。
皆本当に明るく、熱心で、お互いにコミュニケーションも取れ、和気あいあいと良い雰囲気の研修でした!(^-^)
きっと現場に出ても、ご利用者様に安心と安全を提供し、楽しくガイドをしてくれることでしょう。
お疲れ様でした!

2021.01.19 Tuesday